ゆるゆる日常

宮崎県延岡市の竜巻被害地域まとめ|停電も発生【台風17号】地図あり




2019年9月22日9時頃、宮崎県北部(延岡市)において竜巻が発生しました。

市内ではその竜巻によって交通事故や住宅の屋根瓦が飛ぶ、窓ガラスが割れるなど複数の被害が出ました。

現時点で525件の家屋の損壊が報告されています。各地での竜巻による被害状況についてはTwitterより引用しています。

 

延岡で発生した竜巻による被害状況(写真/動画あり)

今回の台風17号通過に伴って発生した竜巻による被害を受けている地域をまとめました。

マックスバリュ岡富店付近

 

延岡駅付近

フランス菓子 サンジャン付近

 

トヨタレンタリース延岡店付近

 

延岡竜巻で被害が集中している地域

宮崎県延岡市昭和町、日の出町、幸町、中川原町(22日11時時点)

桜ヶ丘から旭町にかけて、日豊本線沿い約2㎞に渡って竜巻が移動していったことが分かります。




竜巻被害による停電も発生

延岡駅周辺では貨物コンテナが吹き飛び、鉄塔が倒れたりする被害が出ており、それに伴い停電が発生している地域が確認されていましたが現在は復旧しています。

また、停電により見合わせになっていた日豊本線も運転を再開しています。

 

台風17号延岡竜巻被害 対策本部が設置

今回の延岡台風17号竜巻被害に伴い、対策本部が設置されましたが、まずは被害の状況を把握する必要があります。

台風被害に遭われ緊急の支援が必要な方・地域などお困りの方がいらっしゃいましたら、危機管理対策室へ連絡をしてください。

延岡市 危機管理対策室

0982-22-7077

また、県立延岡病院ではトリアージも立ち上がっているようです。

内田理佐宮崎県議会議員のフェイスブックが、延岡市のホームページよりも情報が早いことがありますので掲載しておきます。

 

宮崎県延岡市での竜巻被害状況【台風17号】まとめ

この延岡市で起きた竜巻により車が横転したり屋根が吹き飛んだりするなどの被害が相次ぎ、ケガをした人などが病院へ運ばれるといった人的被害も報告されていましたが、

政府は今回の竜巻被害を激甚災害と認定することを決定しました。

災害に見舞われやすい日本列島ですが、台風の上陸・接近には十分に備えることができます。

いざという時のために、早め早めの対策を心掛けましょう。

 

台風や豪雨などの災害にしておくべき対策9つ【被災する前にできること】

続きを見る

 

お読みいただきありがとうございました。(2019年10月1日更新)

-ゆるゆる日常
-

Copyright© ちぃさんの日常 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.