クレジット/デビットカード

マイルが効率よく貯まるおすすめカードは『楽天ANAマイレージクラブカード』

楽天ANAマイレージクラブカード
海外旅行が好きでよく行くのでマイルを貯めていますが、もっと効率よく貯める方法はありませんか?普段使いもできて、どんどんマイルが貯まる便利なカードがあれば知りたい

 

そんなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • マイルを貯めるなら、まずは『ANAマイレージクラブ会員』になる
  • 普段使いでマイルが貯まるのはANAよりも楽天
  • ANAカードと楽天ANAマイレージクラブカードのちがい【比較】
  • 楽天ANAマイレージクラブカードを作るのに必要なもの

 

この記事を読まれている方の中には、すでに【 マイラー 】の人もいれば、これからマイルを貯めていきたいと思っている人もいると思います。

国内でも海外でも、飛行機に乗る機会が比較的多いのにマイルを貯めていないという人は、今すぐにマイルを貯めはじめてください。

すでに他の人よりも人生損してるかもしれません。。

 

 

マイルを貯めるなら『ANAマイレージクラブ』に入会

ANAマイレージクラブカード

引用:ANA公式サイト

 

マイルを貯めるなら、まずはANAのマイレージクラブに入会します。

ANAマイレージクラブ

  • 入会費無料
  • 年会費無料
  • クレジット機能なし
  • Webからの申し込みOK

ですが、ANAマイレージクラブに入るだけでは、貯まるマイルには限界があります。

飛行機に乗る以外の、普段の生活の中でもマイルが貯まるカードがあったらいいですよね。

>> ANAマイレージクラブの楽しみ方

 

普段使いでマイルが貯まるのはANA本家よりも楽天

日常生活の中でマイルを効率よく貯めるためには、『ANAカード』を使って生活をするのが1番おススメです。

この中でも、楽天ANAマイレージクラブカードが1番効率よくマイルを貯めていくことができます。

その理由については、これから紹介していきますので、マイルを貯めたい方はじっくり読んでくださいね。

 

ANA一般カードとANA交通系IC一体型カードは、ANAマイレージクラブのメンバーズカード(クレジットカード)としてANAが発行しています。

楽天ANAマイレージクラブカードは、楽天が発行しているクレジットカードです。

>> 楽天カード公式サイト




ANAカードと楽天ANAマイレージクラブカードのちがい【比較】

ANAカードは、他にもANAワイドカードやANAカードプレミアムなど色んな種類がありますが、

他のカードは年会費が70,000~80,000円、もしくはそれ以上かかるものが多いので本記事では紹介しませんm(__)m

 

さて、上記にあるANA一般カードとANA交通系IC一体型カード、楽天ANAマイレージクラブカードは同じようで違っているところがいくつかあります。

 

ちがい①年会費

ANA一般カード

ANA一般カードの概要

ANA交通系IC一体型カード

ANA交通系IC一体型カード

引用:ANA公式サイト

 

ANA一般カードもANA交通系IC一体型カードも、初年度のみ年会費無料です。2年目からは、2,200円の年会費がかかります。

それに対して楽天ANAマイレージクラブカードは、年1回のカード利用で2年目以降の年会費(550円)が無料になります。

 

楽天ANAマイレージクラブカードの詳細

楽天ANAマイレージクラブカード詳細1

 

選べる国際ブランド

ANA一般/交通IC一体型カード

  • VISA
  • Master Card
  • JCB
  • アメリカン・エキスプレス

 

楽天ANAマイレージクラブカード

  • VISA
  • Master Card
  • JCB

 

ANA本家のカードはアメリカン・エキスプレスも国際ブランドとして選択可能ですが、あまりおすすめはしません。

私は、留学とワーホリで3か国を回ってきましたが、アメリカン・エキスプレスが使えない場所が意外と多くありました。これは日本でも同じです。

 

ちがい②カードを1枚に集約

楽天ANAマイレージクラブカード

引用:楽天カード公式サイト

 

通常、ANAマイレージクラブ会員としてマイルを貯める場合は、ANAカードもしくはマイレージクラブの会員カードが必要です。

ですが、楽天ANAマイレージクラブカードなら、このカード1枚だけ。

楽天クレジットカードとANAマイレージクラブ会員カードが1枚に集約されているので、

お財布もすっきりしますし、「しまった!カード忘れた・・・」ということもなくなります^^

 

ちがい③「 マイル ⇔ ポイント 」に交換

ANAマイルと楽天ポイント交換

ANAマイルと楽天ポイント

引用:楽天カード公式サイト

 

楽天ANAマイレージクラブカード最大の魅力は、買い物などの支払いをして付与された楽天ポイントをマイルに交換できるという点です。

 

マイルに換算したとき、200円で1マイルと少ないような気もしますが

日本では「楽天経済圏」と呼ばれるくらい楽天が街に浸透しているので、どこへ行っても楽天のポイントが貯まるメリットがあります。

楽天市場での買い物では、毎月0と5の付く日はポイントが5倍で、

楽天のお買い物マラソンではポイントが最大44倍になることもあります。

 

毎日お金を使わずにクリックやゲームをするだけでポイントを貯めることができ、その貯めたポイントを効率よくマイルに交換できるのは

どこを探しても楽天ANAマイレージクラブカードだけです。

 

ちがい④審査がやさしい楽天ANAマイレージクラブカード

楽天ANAマイレージクラブカード

楽天ANAマイレージクラブカード

引用:楽天カード公式サイト

 

ANAカードと楽天カードの最大の違いは『審査』だと私は思っています。

正直、審査に関してはそれぞれの会社で細かい基準があるので、私たちには詳しいことが分かりませんが、

私と私の母と祖母の3人が楽天カードを作ってみて、間違いなく言えることがあります。それは、

楽天ANAマイレージクラブカードのほうが本家のANAカードより審査がやさしいということです。

 

無職でもパートでも年金暮らしでも審査に通る『楽天カード』

母は60を過ぎた普通のパートですが、一般の楽天カードが即日で作れました。

ワーホリから帰国して半年無職の私も作れています(笑)

そして、70歳を過ぎた年金暮らしをしている私の祖母も、試しに楽天カード(楽天ANAマイレージクラブカード)に審査を申し込んでみると

即日で審査に通り、数日で楽天ANAマイレージクラブカードが届きました。

 

祖母は毎月最低1回以上はANAを利用するため、数か月前に空港で勧誘されたANAカードに申し込みをしましたが、年齢を理由に審査を通過することができず、申し込みを却下された経験がありました。

 

そんな祖母だったので、楽天ANAマイレージクラブカードに申し込みをする前は、

「また年齢で断られるでしょ…」と言って半ば諦めていましたが、審査に通った楽天ANAマイレージクラブカードは即日発行され、無事に祖母のもとに届きました。

 

クレジットカード審査基準の詳細は分かりませんが、マイルを貯めたいのにANAカードが作れずに諦めた人でも、楽天ANAマイレージクラブカードなら作れる可能性が高いです。

\楽天カード新規入会キャンペーン/

楽天ANAマイレージクラブカードをつくる

 

楽天ANAマイレージクラブカードの申し込みに必要なもの

楽天ANAマイレージクラブカードは、祖母の代わりに私がWebから申し込みました。

カードの申し込みに必要だったものは、下の5つです。

 

申し込み時に用意しておくもの

  • 持っていればANAマイレージクラブカード
  • 運転免許証(身分証明で番号入力があります)
  • 口座引き落としで紐づける銀行の通帳やカード
  • 楽天会員のID、パスワード
  • クレジットカードの暗証番号

 

ANAマイレージクラブカード

anaマイレージクラブ会員カード

ANAマイレージクラブ会員カード

引用:ANA公式サイト

 

このANAマイレージクラブカードは会員番号(お客様番号)が黒い文字で印刷されていますが、

以前の会員カードは、銀行のキャッシュカードやクレジットカードのように、名前と会員番号が彫られています。

 

ANAマイレージクラブ会員の方はカードがなくても、クラブ会員番号が分かるものを準備しておけば大丈夫です。

まだ会員でない方は、準備する必要はありません。

 

運転免許証または健康保険証など

運転免許証

楽天ANAマイレージクラブカードはクレジットカードなので、発行するためには身分証明が必須です。

どちらでも構いませんので、運転免許証もしくは健康保険証を準備しておきましょう。

身分証明の欄が埋まらなければ、申請を完了することができないので気を付けてください。

 

口座引き落としで紐づける銀行の通帳やカード

財布の中のカード

 

クレジットカードを利用した際に、その金額を引き落とすための銀行口座の登録が必要です。

楽天ANAマイレージクラブカードと銀行口座の紐づけは、Web画面の流れ(指示)に沿って簡単に進めていくことができます。

銀行名、支店名、支店番号、口座番号、口座名義が分かるものを用意しておきましょう。

各銀行のキャッシュカードや通帳には、それらが記載されています。

 

楽天会員のID、パスワード

楽天会員登録

楽天会員登録

 

楽天ANAマイレージクラブカードを発行するためには、楽天会員であることが前提条件となります。

楽天会員登録時に発行したIDとパスワードを、楽天ANAマイレージクラブカードを申し込みをする際には使います。

まだ楽天会員でない方も、楽天ANAマイレージクラブカード申し込み時に会員への登録が可能です。

 

クレジットカードの暗証番号

クレジットカード決済

楽天ANAマイレージクラブカードの申し込みをするときに、クレジットカード暗証番号の設定があります。

誕生日や他人から推測されやすい数字(1234や7777)などをさけ、暗証番号で使用する4桁の数字を準備しておくと、申し込みがスムーズです。

クレジットカード暗証番号の設定はしますが、お店によっては暗証番号の入力ではなく署名を求められる場合も多くあります。

 

まとめ:マイルが貯まるおすすめカードは『楽天ANAマイレージクラブカード』

今回は、マイルが効率よく貯まる「楽天ANAマイレージクラブカード」を紹介しました。

マイルを効率よく貯めるためには飛行機の利用回数を増やすだけでなく、日頃の生活からマイルが貯まるクレジットカードを利用することもポイントです。

 

私が紹介した楽天ANAマイレージクラブカードがもつ、他のカードにはない大きなメリットは

・得した楽天ポイントをマイルに、マイルから楽天ポイントにも交換できる

・楽天はゲームやバナー広告をクリックするだけでポイントが貯まるポイ活(ポイント活動)ができる

・審査がやさしい

 

マイルも貯めて、ポイントも貯めて、貯まったポイントはマイルに交換!

現マイラーの方も、これからマイラーを目指すという方も、ぜひ楽天ANAマイレージクラブカードで効率よくマイルをどんどん貯めていってくださいね^^

\新規入会キャンペーン中/

楽天ANAマイレージクラブカードに申込む

-クレジット/デビットカード
-, , , , , , ,

Copyright© ちぃさんの日常 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.