留学【Philippines】

【留学の準備】勉強よりもやるべき大切な3つのこと

readyと書かれた木片

『留学するのに何から始めたらいいのか分からない…』

『海外留学へ行く前に自分のやるべきことを知りたい』

 

この記事はそんな方に向けて書いています。

 

留学すると決めたのはいいけれど何をどのように準備をしたらいいのか、初めてだと分からないですよね。

私も2015年にフィリピン留学をするときに、渡航準備の何から手を付けたらよいか分からず困っていました。

3月に退職してから、4月に留学という強行スケジュールだったので出発までてんやわんやしていたのを覚えています(笑)

やることが多すぎて、忙しくて『本当に留学するんかー!?準備いろいろ大変やん!』と発狂しそうになったときもありましたが、

何とか無事に留学も終えることができました。

 

『留学の準備』と聞くと、留学前の英語の勉強や持ち物の準備、語学学校の手配などをイメージしがちですが

実はもっと大切なやるべきことがあるのをご存じですか?

 

この記事では、そんな留学前に勉強よりもやるべき大切な準備について紹介します。

すでに留学することが決まっている方や、これから留学するのを目標に頑張っている方にも

ぜひ参考にしていただければ幸いです。




 

留学準備①:予防接種

予防接種

予防接種はフィリピンやバリ、フィジーなど熱帯地域に留学する人は絶対に欠かすことができません。

メジャーな留学先であるカナダやオーストラリアといった上記以外の地域でも、流行している伝染病や気を付けるべき病気などはあります。

知らずに行くと大変なことになる(私はなった)ので、事前にその土地の虫や病気などは調べておくこと無難です。

人肌から吸血している蚊
サンドフライに刺される前と刺された後の対処法【蚊より強烈!要注意】

続きを見る

ダニ
ライム病になったアヴリルとジャスティンの共通点はあの国だった!

続きを見る

外務省が発表している渡航情報の中から、現地で注意すべき感染症や伝染病などを確認することができます。

>>外務省 海外安全ホームページ

 

私がフィリピン留学をするときに打ったワクチンや抗体を確認したものについては以下の通りです。

  • 狂犬病
  • 破傷風
  • 風疹・麻疹
  • A型肝炎 など

 

渡航先によって気を付ける病気が違うので、自分の渡航する地域の安全情報・医療事情などの情報を集め

しっかりと予防できるものは予防しましょう。

 

余談ですが、私がフィリピン留学前に打った色んな予防接種の総額は9万弱

全て打ち終えるまでにかかった期間は1年

「予防接種は1回打てば終わり」というものでもないので、数回打つ必要があるワクチンもあったり、

2回目や3回目が半年後に投与、というものもあるので

『留学したい』『留学する』と決まったら逆算して早めに予防接種を受けていくのがベストです。

 

留学準備②:公的手続き

書類に文字を書き込む男性の手

留学準備として忘れて居はいけないものが公的手続き

公的手続きとは主に、役所で行うもので

  • 転出届
  • 健康保険
  • 税金
  • 年金
  • 失業保険(退職した後に留学する人) など

 

大体こんな感じで、耳をふさぎたくなるようなワードばっかりですが、

これらの手続きをして渡航しなければ帰国したときが面倒になったり、

年金や保険料・税金など日本に住んでいなければ払う必要のないお金を払わなければならなくなるので

公的手続きをせずに海外留学することは全くおすすめできません。

 

また、地域によっても手続きのやり方やそれにかかる時間に若干差があるようなので

「面倒くさいことはあとで…」とせずに、早め早めに時間に余裕を持って留学準備を進めていくと

あとが楽になりますよ^^




留学準備③:健康診断

聴診器と心電図

健康な人も最低限の健康診断くらいは受けておいたほうが絶対に良いです。

元気な人でも海外に出て環境が変わると病気にかかったり、日本にいたときは何も問題のなかった体に異変をきたすこともあります。

例えば歯が痛くなったり、視力が悪くなったり、持病が悪化したりと

日本では想像がつかないようなことが起きるのが…海外です。

 

また、ワーキングホリデーに応募して参加が認められると、ほとんどの国で健康診断を受けることが義務付けられています。

指定された病院での胸写(胸部レントゲン)撮影や医師の診察などが必要となるので、ワーホリに行かれる前はよく確認をしてください。

 

先ほどお話しした、最低限の健康診断として例を挙げるとするなら、

  • 虫歯がある人もない人も歯医者へ
  • 花粉などアレルギーのある人は必要十分なアレルギー薬を準備
  • 視力が低い人は視力検査や眼鏡やコンタクトレンズの度調整
  • 足・腰など体の「いたい・かゆい」といったちょっとした症状も原因の追究・解消をする など

 

上記に限らず、自分の体の不調や不安を少しでも感じている人は、海外へ渡航する前に検査しておくことをおすすめします。

というのも海外では医療保険が全額負担になるので、風邪や虫歯などのちょっとした処置や診察でも医療費が高くついてしまいます。

何より日本で診てもらうほうが安心できますし心強いです。

 

留学の準備には『予防接種』や『年金の手続き』など英語の勉強よりも大切なことがある

スーツケースからあふれた服

『留学する』と一言で言っても、渡航先へ向かう飛行機に乗るまでにやることはいっぱいあります。

ですが今回私が紹介した3つのやるべきことは、正直言って英語の勉強よりも大切な留学前の準備です。

英単語を覚えることや少しでも英会話に慣れておくことも大切ですが、

予防接種や健康診断、年金や税金といった公的手続きはそんなことよりももっと大事。

 

日本を出発する前にやるべきことをきちんとやって準備していくことで、心置きなく楽しめる充実した留学生活にもきっとつながっていきます。

準備をしたらあとは楽しむだけですから面倒くさいことは先にやっておくのがベターです^^

 

studyと書かれた木製ブロック
【留学前の勉強時間】ぶっちゃけ1か月もいらない【効率的な学習方法】

続きを見る

 

最低30万円でワーキングホリデーに出発できる!渡航時は貧乏でも◎

続きを見る

 

-留学【Philippines】
-,

Copyright© ちぃさんの日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.