ワーホリ【Canada】

【完全版】カナダの銀行TDやCIBCで口座開設するのに必要なもの




こんにちは、Chiy(@chiy_ch)です。

 

プロフィールでも書いていますが、私はカナダ、オーストラリアでワーホリをしていた経験があります。

ワーホリに行って毎回「面倒だけど仕方ないな…」と思いながらやっていることが、現地での銀行口座開設です。

銀行口座開設って海外に限らず、日本でするにしても億劫に感じますが。笑

 

ここでは、カナダの銀行(TDやCIBC)で口座を開設するのに必要なものについて説明します。

 

 

 

口座開設する前にすべきこと

結論から言ってしまえばカナダで銀行口座を開設するのに必要なものは4つあります。

その中でも銀行に行く前にやっておかなければならないこと、取得しておかなければならないものがあります。

それは

1.SINナンバーの取得

2.携帯電話の契約

 

SINナンバー

SINナンバーとよく言われますが、SINとはSocial Insurance Number の頭文字で、社会保険番号というものです。

一人ひとりに割り当てられた番号で、タックスリターン・年金・税金などの全てがこの番号で管理されていて、SINがなければ仕事もできません。

申請は特定の場所(Service Canada)に行かなければ発行してもらえません。

※大使館ではないのでご注意ください※

 

留学中の学生さんなどで働く予定のない人は、特に取得する必要はありませんが、ワーホリでカナダで働こうと思っている方は早めに取得しておくことをおすすめします。

 

現地の携帯番号

現地に到着したら一番最初に契約すべきものだと私は言い切れます。

私たち(外国人)が現地の携帯電話を持っているというだけで、相手からの信用度は一気に上がります。

 

日本と比べればWi-Fiが飛びまくりの海外とはいえ、空港を出てハイウェイの上や、電車の中ではさすがにWi-Fiは飛んでいません。

そんなとき、現地の通信の電波を使える携帯がなければ、電話もメールもできませんから、大事なエージェントや宿泊先にも連絡の取りようがありません。
実際に私はオーストラリアのワーホリでは、空港でSIMを購入し契約をしました。壮大なトラブルに巻き込まれたのでww

(このときは日本から持っていった携帯が、SIMフリーで良かったと思いましたね。)

SIMフリーじゃなければ、その場で携帯の端末を買うこともできるので、安心してください。

 

なにより、この2つがなければ銀行口座を開設することはできません。

カナダに到着してすぐに「口座を開設しよう!」と銀行に行っても、開設に必要なものが揃っていなければ

『また出直してきて』と言われ、追い返されるだけです。

 

英語ができても、手ぶらじゃ銀行口座は開設できません。

 

 

英語で『口座を開設したい』

東京で働き始めるとき、生まれて初めて銀行口座の開設手続きを一人でしましたが、緊張したのを覚えています。

言葉が通じる母国にいても、初めてのこととなれば、日本でも緊張しますよね。

もし英語に苦手意識があるなら、なおさら頭真っ白になって何も言葉が出てこない…はい、よくあります。笑

 

『口座を開設したい』これを英語に直訳すると

「I would like to open my account.」

 

3歳児が喋るならこれでOKかもしれません。

ですが、これは「口座開設したい!」という自己主張のみで、全く依頼する感じはありません。

ワーホリや留学をしている高校生以上で、英語を勉強しているのであれば、ある程度丁寧な言葉で言えた方がいいですね。

 

銀行口座を開設したい旨を伝えるときに使えるフレーズは

「Could I open my account?」

もしくは

「Could you open a new account for me, please?」

と言うことができます。

pleaseを付ければより丁寧な表現になります。

 

new accountというと、既に別の口座は持ってい るけれど、また新しい口座が作りたいというニュアンスにもとれます。

どちらにしても『うちの銀行に口座持ってる?』という質問はされると思いますので、どっちでも大丈夫です^^

ポイント

「Could you ~?」「Could I ~?」は何かを相手に依頼するときや、自分が何かをするときの許可取りにめちゃくちゃ使える表現なので、覚えておくと役立ちます♪

 

銀行に持参するもの

現地の携帯電話番号SINナンバーを取得したら、それと一緒に銀行へ持っていった方がよいものが他に2つあります。

 

パスポート

海外で身分証明をするのにパスポートは必須です。

これに関しては日本から出て、海外で何か公的な手続きをする際には、必ず提示を求められます。

 

不必要に持ち歩き無くしても困るので

友達とごはんに行ったり、仕事に行ったりする分には持っていく必要はないですが

"何か"というときは、常にパスポートを携帯するようにしましょう。

余談ですが…

友達と飲みにBarへ行ったり、暇潰しにカジノへ行ったりする時には

本人確認ができないと中に入れてもらえないので、注意してください(笑)

 

現住所に届いた郵便物

住所が書いてある郵便物や公的な書類は、100%提出を求められるかといったらそうとは限りません。

ですが、たまに言われることがある程度で、そんなに必要度としては高くありません

しかし、わざわざ銀行に来たのにそれが無かったから帰らされた、、では時間がもったいないので最初から持って行って損はないです。

 

 

まとめ

カナダの銀行(TDやCIBC)で口座を開設するのに必要なもの、頭に入りましたか?

さぁ、これを持って銀行に行きましょう!

口座開設しちゃいましょう!

 

memo

主要都市(バンクーバー)にあるTD Bankには、日本語で対応してくれる日本人スタッフがいます。

個人的感想になりますが、一度私の対応をしてくれた方は塩対応でした\(^^)/ 複数人いるはずなので、全員がそんな感じかどうかは分かりません。私はそれっきり日本人の方に通してもらうのはやめました(笑)




最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-ワーホリ【Canada】
-

Copyright© ちぃさんの日常 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.